胃腸風邪を早く治す方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

新年早々、胃腸風邪を引いてしんどかったが、ようやく全快した。

若いときは治りも早かったのだが、自分はもうアラフォーのせいか熱が下がっても2週間ほど微妙にしんどかった。

薬を飲んで熱を下げた後の体力回復は基本的に「待つ」だけだと思っていたが、
細かい工夫を重ねれば割と早期に回復が可能だと、回復した今思う。
なので[胃腸風邪の治し方]というか胃腸風邪とか普通の風邪でもいいが、やった方が良いことをまとめておく。



1. まず、風邪を引いたら病院に行って薬を貰おう。(当たり前)
 ちなみに今回は初診料と薬3日分で1300円で済んだ。安い!
 薬を飲めば熱は下がり、吐き気も抑えられる。
 しかし、ここから先は自己治癒に頼るしかない。
 なので、以下7つは体力を回復させるためにやる、細かいことの積み重ね的なこと。


2. 水分補給のため「経口補水液」を買おう。薬局などで売っている。
  味が無理ならスポーツドリンク(アクエリアス・ポカリ等)でも良いけどね。
 参考:風邪をひいたので 経口補水液OS-1 & 明治アクアサポートを飲んでみた


3. 食事は無理して取らないで良いが、栄養摂取は大事。リンゴやお粥くらいは食べよう。あとはサプリメントで。
  ちなみにお医者さん曰くリンゴが果物の中では一番風邪のときは良いらしい。
  サプリメントに関しては、ビタミンCを多めで。
  あとビオフェルミンとか乳酸菌のやつもお勧め。


4. 卵と生姜の入った雑炊は風邪の時はかなりお勧め。
  生姜に含まれるジンゲロールとガラノラクトンには咳などの原因となるロイコトリエンを抑制する効果があり
  卵白にはリゾチームという成分が含まれているが、リゾチームは風邪の原因となる細菌を溶かす働きがあり、かぜ薬にも含まれている。
 加熱しすぎても過熱しない状態も摂取には難があるらしいので半熟状態で摂取がお勧め。
 自分は卵をお椀に入れておいて、卵以外の具財を鍋でことこと弱火で加熱して、ご飯にとろみがついたらお椀に投入して混ぜる。こうすることで卵が具財の熱によって半熟状態にできる。
   卵酒というのもありますけど、作るの面倒臭そうだし、卵酒はご飯じゃないので自分的にはパス。
 参考:http://cookpad.com/search/鮭雑炊
     http://cookpad.com/recipe/2525714


5. 寝るときも寝ない時もマスクをしよう。
  加湿器をバンバンかけて、高性能の空気清浄機を常時運転していて、部屋も清潔。
  常にそういう環境にいるならば必要無いけど、そうでなければマスクをしよう。
  埃や乾いた空気で口・鼻の粘膜が傷つかないように。普段は大丈夫でも、体が弱っているとそういった小さなダメージが体力低下の原因となります。
  参考:http://www.unicharm.co.jp/mask/effect/index.html


6. 白湯を飲もう。(少しは食べれるようになってから。飲んで気持ち悪いと感じたら×)
  白湯、まあ普通にお湯なのだが、胃腸の温度を上げてくれるので食欲増進・体力回復に繋がる。前述の経口補水液も常温ではなく、湯のみに移してチンしてぬるめで飲むほうが良いと思われる。
  普通の水道水を沸かしてすぐだと塩素等の有害物質が増加している状態なので数分沸かしてから冷ますか、浄水器を通した水を使おう。
  風邪のときだけじゃなくて、普段胃腸が弱い人にも白湯健康法はお勧め。
 参考:http://homepage1.nifty.com/sacrum-tao/sayudokudasi.html


7. 青竹踏みでデトックス
   ホームセンターでプラスチックのやつを300円くらいで購入。普通にアマゾンとかでもあるけど、送料かかるぶんちょっと高い。これは布団から出て歩けるくらいに回復しているけど胃腸がもたれる、だるい等のときは毎日やるべき。だるくなくても毎日やるべし。
 デトックス的に白湯健康法との相乗効果あり。


8. 足湯でデトックス
   足湯は良いです。風邪とか関係なく毎日やってますが、弱った時には特に良い。
  じっくり体が暖まるので、湯冷めしにくいし、内臓に良い。
  足は第二の心臓といいますからね。胃腸の回復の助けになることは間違いないでしょう。
  青竹踏みは足湯の後にするとなお良いです。
 足湯については、こちらのやり方が良いみたいです。熱めで6分くらい!
 http://araki-seikotuin.com/blog/post-277

 
8. 養命酒
   胃腸風邪を引いた後も、風邪の症状は治まったけど食欲が出ない状態が続く。。。
 そんな状態だったら、養命酒が良いかも。
 自分は1週間くらいで食欲が回復した気がします。
 成人の方で、お酒大丈夫な人は、ムリせず自分に合った量でためしてみてください。
 ちなみに、アルコールは胃を荒らすので、お酒弱い人には向かないかも









セブンイレブンのつけ麺(冷凍) 食べた感想

このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンイレブンのつけ麺(冷凍)が売っていたので購入。





右側の麺&具のパッケージをレンジでチン。6分半…長い。左のスープはお湯につけて解凍。




スープをどんぶりに入れた。ここにお湯を100CC投入。



そしてレンチン完了した麺&具を投入。※正しくは麺だけ除けてお湯でぬめりを取るらしいが、めんどいのでスルー。


さて、感想だが。

まぁ不味くは無い。いや、それは店で食べるのと比べた場合であって、冷凍食品としてはかなり上出来。

メンマは10個以上入ってたけど、正直いらなかった。
肉は小さすぎる。
具に関してだけは正直微妙だが、麺とスープは良い。
よくある魚介スープ+柚子風味だが、個人的には柚子は入っていないほうがいいけどまぁ美味い。
ちなみに麺は見てのとおり極太麺。

とりあえずリピートはあり。

だが、個人的にはマルちゃんの 山岸一雄監修つけ麺&スープには遠く及ばないので、代打止まりですな。
セブンならたいてい何処でも置いているから買いやすいという利点はあるけど。



風邪をひいたので 経口補水液OS-1 & 明治アクアサポートを飲んでみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
正月早々風邪をひいてしまった。 胃腸に来る風邪だったようで、本格的に体調が悪くなる前日あたりから前兆はあった。食べても胃のあたりが気持ち悪かったり。 現在は回復傾向にあるが、まだ食欲が100%戻っていない。気をつけないとなぁ。

 熱が出た日に近所の内科医院に行ったら、処方された薬とは別に経口補水液を飲むよう勧められた。 曰く、「飲む点滴」みたいなものだとか。

普通のスポーツドリンクよりも糖分が低く、ナトリウムが濃いものであるらしい。 一番有名なのは大塚製薬のOS-1だが、「なんとも言えない味」で飲みにくいかもしれないので、アクアサポートの方がリンゴ味で飲みやすいとのこと。

 医院を出てすぐに、風邪を引いてだるい体をおして近所の薬局に向かった。 アクアサポートは3本しかない。3日分で6本くらいは欲しかったので、OS-1も3本購入。あとアクエリアスも一応スーパーで1本買った。
 ※大人で1日あたり1000mlを推奨している 

経口補水液OS-1& 明治アクアサポートはどちらも500mlでありながら1本200円ほどするので、やや高いのである。 アクエリアスはスーパーで500mlなら100円ほどで買える。
アクエリアスと経口補水液を比較して、それほど変わらないと感じるのであればアクエリアスで済ましたい・・・という考えがあったからだ。

 飲み比べてみると、アクアサポートは確かに子供でも飲みやすいリンゴ味・・・だが、特に美味しいとは言えないかな。

自分的にはOS-1が飲みにくいということは無かった。ほんのり甘い薄い塩水といった感じ。すごく普通。美味しくも不味くもない。 

そして、体調が悪い状態でアクエリアスも飲み比べてみたが、経口補水液の2本と比較するとお腹がゴロゴロするというか、気持ち悪い。

やはり経口補水液は高いだけのことはあって、体調を崩したときの水分補給には高い効果を発揮すると実感した。

 こちらがOS-1のパッケージ
 

そして明治アクアサポート



成分表。OS-1の方が細かい。自分的にはOS-1の方がお勧め。子供に飲ませるにはリンゴ味のアクアサポートの方が良いかも。
このエントリーをはてなブックマークに追加