Windows RT終了


Windows 10は無料でWindows 7・Windows 8.1などからアップグレード可能と発表されていますが、一方でタッチスクリーン端末用のOSであるMicrosoft Windows RTはアップグレード対象外で、独自の進化を遂げていくものと見られていました。しかし、海外ニュースサイトのThe Vergeが独自にMicrosoftとコンタクトを取ったところ、MicrosoftはWindows RT搭載端末の製造を今後行わないことが明らかになりました

http://news.livedoor.com/article/detail/9750286/
http://www.theverge.com/2015/1/27/7918209/microsoft-is-no-longer-manufacturing-the-surface-2

--------------------------------------------------------------------------------

・・・何といえば良いかわかりませんが、最近Microsoftは迷走ぎみですかね。

つーか聞くところによるとWindowsRTって、Windowsのソフトが動かないとかいう話も聞いてたので、そりゃあ駄目だろうとは思っていました。

タブレット用に出したのでしょうが、出すならGoogleAppsやAppstoreに対抗できるようなプラットフォーム、もしくはそれらを利用可能なものを出すべきでしたね。

Windowsを使うメリットって、今まで使ってたパソコンのデータを使えると言うことなのであり、それが唯一、しかし絶大なメリットであることをなぜ偉い人たちが理解してないのか不思議でしょうがない。

まぁたぶんあれですね、経営陣のおっさんが何か新しいものに飛びついて、ビジョンも無いのにトップダウンで何かしら作るように命令して、誰得な残念なものが出来上がると言う日本企業にも良く見られるパターン。


このエントリーをはてなブックマークに追加