SHARPが液晶技術を冷蔵庫に

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20150226/406220/?rt=nocnt

詳しくは上記URLの記事。


「IGZO」の登録商標を無効とした特許庁の審決を出されてしまったシャープだが、
液晶の技術を冷蔵庫で利用するなど、今後に期待したい技術を開発している。


要は、冷蔵庫の蓄令剤という、冷蔵庫を冷やす素材に、液晶で使われる素材を使用した

その結果、通常は凍らないような温度でも、氷結させることができる。ということ。
また、仮に停電しても2時間くらい保冷状態を保つことができるらしい。


冷蔵庫は、新製品になるにつれて年々電気代が安くなっていってるけど、
まだまだ安くなるのかぁ・・・すげえ。

しかも全然関係ないと思われた、液晶の技術で。


このエントリーをはてなブックマークに追加